新機能 イベントメッセージの予約機能を追加しました。イベント主催者様は、参加者へのメッセージ送信を事前に予約できます。詳しくはこちらをご確認ください。

新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jul

15

IoT@Loft #12 B2C 向けのプロダクトの運用の考え方

プロダクト、運用

Hashtag :#IoTLoft
Registration info

Description

開催ブログを公開しました

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/event-report-iot-at-loft-12/

How to register (ご参加方法)

本イベントの参加登録は、下記の AWS Loft のイベントページ で必要事項を入力の上、お申し込みください。

https://pages.awscloud.com/JAPAN-event-OE-iotloft-2020-reg-event.html

About the event

IoT@Loftは、IoT関連ビジネスで開発を担当するデベロッパーのためのイベントです。 IoTの分野は、「総合格闘技」と呼ばれるほど、必要な技術分野が非常に多岐に渡ること、ビジネスモデルが複雑なケースが多く、全体を理解することは難しいと言われています。その結果、実証実験(Proof of Concept : PoC)から商品への導入が進まないケースや、PoCでさえ十分に実現できていないケースも多々あります。 IoT@Loftは、そういったIoT特有の課題と向き合い、情報共有・意見交換を行う場として、参加者の事業や製品開発を成功に近づけることができれば幸いです。

この勉強会では、膨大なIoT関連の情報の見通しを良くするために、各回ごとにテーマを定め、それに沿った形で登壇者に事例や技術のご紹介を頂きます。テーマは、インダストリー、ソリューション、テクノロジー、開発フェーズなどを軸に決めていきます。

第 12 回目のテーマは、「 B2C 向けのプロダクトの運用の考え方」です。B2C のプロダクトでは売り切りの製品から、サブスクリプションで収益を上げ続けるサービスのタッチポイントとして、顧客へ音声インターフェイスを提供し、出荷時のネットワーク設定やセキュリティ更新など、運用を含めた様々なフェーズで考えなければならないことが多くあります。今回は、実際にクラウドに繋がるスマートプロダクトを既に販売・運用されている方々に登壇いただき、どのような方法でプロダクトの運用を行っているかを紹介していただきます。AWS からはプロダクトのライフサイクルに合わせたサービスについてご紹介いたします。

新型コロナウィルス対策についての Loft からのお知らせ

新型コロナウィルス対策に伴い、本イベントはオンラインのみで開催させていただきます。

お申込みいただいた後に送信される Confirmation Mail でセミナーへの参加方法をご案内いたしますので、そちらをご確認ください。 AWSでは、みなさまの健康と安全を最優先に考慮し対応を検討しております。何卒ご理解、ご了承いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

Who should attend

  • IoT関連ビジネスにて開発を担当するデベロッパーの方々、および業務でIoT化を推進する立場の方々が対象です。
  • クラウド、通信、ハードウェアなど、IoTに携わるすべての領域の方を対象としています。

※お申し込みが多数の場合には、恐れ入りますが抽選とさせて頂く場合がございます。予めご了承ください ※複数名のご参加を予定されている場合でも、お手数ですが 1 名ずつのお申し込みが必要となります。(おひとり様につき1つのメールアドレスが必要となります。) ※代理出席はお受けいたしかねますので、その場合は改めて出席者ご本人様でお申し込みください。

Schedule

19:00 - 19:05 IoT@Loftのご紹介

19:05 - 19:25 LT1- ユーザと直接つながる製品開発 (Atmoph Window)

アトモフ株式会社

共同創業者 / 取締役 / ソフトウェアエンジニア

中野 恭兵 氏

Yahoo! Japan では Yahoo! Sports のサーバ開発、mixiでは課金システムやミュージック/フォトサービスの開発を担当。任天堂でゲーム機本体の通信機能やNintendo eShopのシステム開発に参加した後、Atmophを共同創業しソフトウェア開発全般を担当。IPA未踏2008年度スーパークリエイター。

19:25 - 19:45 LT 2 - AWSサーバーレスアーキテクチャを使ったIoT製品開発事例のご紹介

ラトックシステム株式会社

営業部 GL IoT製品担当

佐々木 英之 氏

スマートリモコン製品化時点よりIoT担当として企業への採用提案、協業推進などを担当

19:45 - 19:55 休憩

19:55 - 20:15 LT 3 - Alexa対応MusicCastを支えるサーバレスクラウド運用について

ヤマハ株式会社

ホームオーディオ事業部 AC開発部 ネットワークグループ 主事

須山 明彦 氏

1998年ヤマハ入社。 電気設計、組み込み、iOSアプリ、Webアプリ、海外駐在など幅広く経験。 Alexa対応を初期設計から開発に携わる。現在は運用も担当中。

20:15 - 20:35 LT 4 -デバイスの運用で使えるAWS IoTサービスの紹介

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

プロトタイピングソリューションアーキテクト

市川 純

主にIoT関連の案件をサポートしており、お客様とのプロトタイピングなどの支援を行っています。

20:35 - 20:50 クロージング - アンケートのご案内

最新情報はこちらをご覧ください: https://pages.awscloud.com/JAPAN-event-OE-iotloft-2020-reg-event.html

Feed

tatsuhiro_iida

tatsuhiro_iidaさんが資料をアップしました。

07/27/2020 17:27

tatsuhiro_iida

tatsuhiro_iidaさんが資料をアップしました。

07/27/2020 17:25

sparkgene

sparkgeneさんが資料をアップしました。

07/27/2020 13:22

sparkgene

sparkgeneさんが資料をアップしました。

07/27/2020 13:22

sparkgene

sparkgeneさんが資料をアップしました。

07/27/2020 13:21

sparkgene

sparkgeneさんが資料をアップしました。

07/16/2020 19:04

sparkgene

sparkgene published IoT@Loft #12 B2C 向けのプロダクトの運用の考え方.

06/24/2020 15:04

IoT@Loft #12 B2C 向けのプロダクトの運用の考え方 を公開しました!

Group

Ended

2020/07/15(Wed)

19:00
21:00

Registration Period
2020/06/24(Wed) 10:00 〜
2020/07/15(Wed) 21:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン